【お知らせ】パキスタン大規模洪水に対する自然災害緊急募金

© UNICEF/UN0691098/Sami Malik バロチスタン州・Naseerabad地区の村が洪水に遭い、荷物を持って安全な地域に移動する子ども。(パキスタン、2022年8月18日撮影)

モンスーンの時期にあるパキスタンでは、ここ数週間にわたり、100年来の記録を更新する降水量となり、過去30年の平均降水量の5倍以上の量の雨がパキスタン南部に降り続きました。このため、パキスタンの4州のうち3つの州(シンド州、バロチスタン州、パンジャブ州)で大規模な鉄砲水や浸水が発生しています。

大規模な洪水により、340万人の子どもを含む640万人が深刻な影響を受けています。

約20万戸の家屋が全壊し、45万戸が被害を受け、また、約1万8,000の学校が損壊しました。70万頭以上の家畜が死亡し、200万エーカーの作物が失われ、3,000km以上の道路が被害を受け、さらに145カ所の橋が喪失もしくは現在安全に渡れる状態ではありません。洪水による死者は1,000人を超え、死者数は増え続けています。

厳しい状況をさらに悪化させているのは、最も被害の大きかった66の地区の多くが、パキスタンで最も脆弱な地区であるということです。すでに高い栄養不良率、水と衛生設備へのアクセスの悪さ、就学率の低さ、その他さまざまなものを奪われている子どもたちが、家も学校も、そして飲み水さえなく、困窮し取り残されています。これらの地区のいくつかは、最近アフガニスタンの不安定な状況から逃れてきた40万人以上の難民の受け入れ先にもなっています。

(日本ユニセフ協会HPより)

⇒パキスタンに関する最新情報はこちら (日本ユニセフ協会パキスタンの情報ページが開きます)

 

みなさまからのあたたかいご支援をお願いします

全国の郵便局(ゆうちょ銀行)からユニセフ募金をご送金いただくことができます。

口座名義 公益財団法人 日本ユニセフ協会
郵便払込口座番号 00190-5-31000
備考 通信欄に「自然災害K1-140」とご記入ください。

===================
*手数料については、加入者負担あるいは免除となっております。

振込用紙が必要な方は、窓口専用・送料加入者負担の振込用紙をお送りしますので、当協会までご連絡ください。

*ATMおよびゆうちょダイレクト(パソコン、携帯、電話、FAX)では送金手数料が免除となりませんのでご注意ください。

*領収書は、約2週間後日本ユニセフ協会から送付されます。税金控除の対象になりますので、領収書は大切に保管してください。

 

PAGE TOP